リウマチ科について

リウマチ(関節リウマチ)は、本来なら病原菌などの外敵を攻撃するはずの免疫が暴走して自分自身の体を攻撃し(自己免疫)、主に手足の関節が腫れたり痛んだりする病気です。進行すると骨や軟骨に小さな欠損部(骨びらん)ができたり、さらには関節の破壊や変形をきたしたりすることもあり、日常生活が少なからず制限されてきます。

現在日本には、60~70万人のリウマチの患者さんがいます。女性の患者さんが男性の3~4倍と多く、発病するのは主に30~50代です。また、リウマチの発症には遺伝が関係することが知られています。ただ、家族にリウマチの患者さんがいるからといって、必ずしも発症するわけではありません。

リウマチの初期症状

次のような症状は、リウマチの初期症状の可能性があります。

  • 朝方に手足の指関節がこわばる
  • 関節のあちこちが痛む
  • 手足のしびれや痛みがある など

リウマチの診断

リウマチは、問診、ならびに血液検査(炎症の状態やリウマチに特徴的な物質を調べます)やX線検査(骨や関節の状態を評価するのに欠かせません)、関節エコー検査(滑膜の炎症を直接観察できるため重要です)などの結果を照らし合わせて、総合的に診断されます。
たとえば変形性関節症は指の第一関節が硬く腫れ、中年過ぎの女性に多いこともあって、リウマチとよく間違われます。

リウマチの治療

免疫抑制作用によってリウマチを治療するメトトレキサートや、関節破壊の抑制作用に優れる生物学的製剤などの登場により、炎症や痛みを抑えるだけでなく、病気の進行を食い止めて関節が破壊されるのを防ぎ、患者さんの生活の質を高める治療が行えるようになってきました。
最新のリウマチ治療では、リウマチの活動性をみながら、寛解(病気の症状が、一時的あるいは継続的に軽くなる、または見かけ上無くなった状態)を目標に治療します。
どうしても寛解に至らないような場合でも、ある程度、炎症がコントロールできる状態に近づけるようにします。
通常、3ヶ月以内にリウマチが十分にコントロールできない場合は、薬を変更したり、あるいは薬を追加したりすることによって、寛解やそれに近い状態を目指します。
治療によっていったん寛解に入った後も、今度は寛解を維持することが大切です。

リウマチのリハビリテーション

薬物療法には、痛みや炎症を取る効果が期待できます。しかし、薬にばかり頼って関節を動かさないでいると、関節が固くこわばってしまうことがあります。ここで大切になってくるのがリハビリテーションです。毎日繰り返し、長期にわたって行えば、関節の機能障害を抑え、また痛みもやわらいでいきます。

薬物療法やリハビリを行っても痛みがやわらがない場合や、関節障害のために歩行が困難になるなど、日常生活に支障が生じている場合には手術療法が検討されます。近年、手術技術は進歩しており、また優れた人工関節も開発されています。