内科・総合診療科について

初期診療の窓口として、風邪や腹痛、下痢などのほか、頭痛やめまい、足腰のしびれや痛み、皮膚の発疹やかゆみ、目や耳の症状など、日常よく見られる様々な症状に対して総合診療をおこないます。

高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病の治療に力をそそぎ、脳梗塞や心筋梗塞、腎不全などの合併症を予防します。

採血などの臨床検査やレントゲン、エコーなどの画像検査を駆使して、病気の早期発見につとめます。

健診を積極的に実施することにより必要な生活指導をおこない、生活習慣の改善とともに適切な治療へとつなげます。

認知症やフレイル(虚弱高齢者)の予防や治療につとめます。

健康や病気、介護に関する様々なご相談に応じます。診断や治療についても機械的に当てはめるのではなく、それぞれの患者さんの年齢や生活、社会背景に応じた最適な治療や療養を提案します。

こんな症状は早めにご相談ください。

  • 発熱
  • 咳、鼻水、喉の痛み
  • お腹の調子が悪い(腹痛、便秘・下痢など)
  • お腹が張る
  • 吐き気、嘔吐
  • 胸やけ
  • 食欲不振
  • 胸痛、胸部圧迫感
  • 頭痛
  • 立ちくらみ
  • 動悸
  • 息切れ
  • むくみ
  • 喉の渇き
  • 尿の異常(出にくい、近い、血が混じるなど)
  • 発疹
  • 疲労感
  • 急な体重の増減 など